クライストチャーチで働く Part2

クライストチャーチで採用がきまり、
ホステルで働くことになりました。

まずは、クライストチャーチの町に到着、
もしくは出発するお客さんを車で送迎することから始まりました。
ホテルから町までは、車で10分~15分だったと思います。
到着したお客さんは、だいたいバックパックか、
大きなキャリーバックを持っているので、
だいたい検討がつきました。

日本ではあまり車を運転したことはありませんが、
オーストラリアで、ほぼ一周近く車を運転したので、
まあ大丈夫かと。
ただ、以前お伝えしたように、日本と交通ルールが変わってきます。
ニュージーランドももともとイギリス圏だったので、
左側通行は変わりませんが、
左折よりも右折が先というルールがあります。
よく間違えて、ぶつかることがあるので、注意が必要です。
あと、日本にはあまりありませんが、ラウンドアバウトという、
信号がないサークル上の交差点があります。
ラウンドアバウトは、左周りで通行します。
また、先に左手から入ってきた車が優先です。
僕の場合は、お客さんの送迎にはラウンドアバウトはありませんでした。

送迎時間以外には、ホテルの掃除やベットメイキングに携わりました。
掃除ですが、日本のよりもやはりみんな汚く使います。
とくにキッチンが汚かったです。(><;)
日本人は綺麗好きだと実感しました。

まあ、そんなスタートから始まったクライストチャーチ生活。
お客さんもみんなフレンドリーで楽しいスタートになりました。

旅は続く!             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

クライストチャーチで働く

クライストチャーチで、ホステルのカフェマネージャーとして働くことが決まり、
直行便がなかったのと、格安航空券がないので、
シドニー経由でニュージーランドに着きました。

採用していただいたホステルのボスとは、
何度も連絡をしていたんですが、
当日まで会うのは初めてでした。
日本をでる一週間前に最後の連絡をメールで取り、
クライストチャーチ空港まで迎えにきてもらうようになっていました。

そして当日、クライストチャーチに着き、
待てよ待てよでも現れず。(><;)まじか
で、待っていると良く似た人が待合席に座っていました。
写真でみたボスとそっくりでしたが、
相手も大きな荷物を持ち、飛行機をまってるようでしたので、
おそらく違うんだなあと。声をかけるのをやめました。
結局一時間待ってもこなかったので、電話してみました。
すると、
「あ、ごめ~ん 今日だった?」
「今から行きまーす。」と、
(^^;)まじですか?
でもよかった。 採用が嘘で、このまま何もなければ、
帰らなければならないところでした。

30分後くらいに、ホステルのお客さんと一緒に迎えにきてくれました。
みんなかんじのいい人でした。
ついて、いろいろ自己紹介や宿を案内してもらい、
カフェができるまでは、ぼくはCityまでのお客さんの送り迎えや、
掃除、洗濯などの雑用と、
フロントの補助からのスタートでした。
いずれは、フロントも一人でやってもらうと言われ、
英語大丈夫かなあと、不安でした。

宿はCityからもそんなに遠くはないので、
ちょくちょく探索に行きました。
Christ Churchというだけあって、
Cityの中心にはレンガ風の大聖堂があって、
町の雰囲気もレトロでよかったです。
よかったですというのは、
ぼくが住んでいたこの時期にのちに大変なことがおこり、
町が潰れてしまうのです。
それらの経験は、今後お話します。
まずは採用されて、一安心でした。

旅は続く。
            

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ニュージーランドに渡航を決意

前回お伝えしたように、
ニュージーランドへの仕事が決まり、
渡航することになりました。
クライストチャーチにあるホステルの仕事。
それも、カフェが近日オープンするらしく、
カフェのマネージャーとして採用されました。
日本の調理師免許を取得していたのもよかったのかもしれません。

でもお菓子などはほとんど作ったことがないです。
これを気に、少しづつ勉強できたらいいなあと思っていました。
ちなみに、スイーツの情報も更新していきたいです。
http://lovecake.blog.jp/

ニュージーランドを調べてみると、
オーストラリアと違い、
出国のチケットも予約していないと入国できません。
よく似ていると思ったんですが、違うんですね。

また、クライストチャーチ行きは、日本から直行便がなかったため、
一度オーストラリアへ寄って、行くことにしました。
jetstar航空なら安くで行けます。
新たな海外生活がスタートしました。

旅は続く!

            

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

翻訳の仕事をGet! しかし、、、

オーストラリアでの2年間のワーホリ生活を終え、
日本で働くことになりました。

やはり海外で働きたいと思いは変わらず、
再度海外に行く決意をしました。
そこで、海外で働ける会社を探しながら、
それまで、日本でも英語に携わる仕事がないかを調べていました。
そんな中地元神戸で、システム開発の仕事と、翻訳の仕事が
募集されていました。
それも派遣だったので、いずれ海外にいける時期になるまで働かせてもらおうと、
駄目もとで応募しました。

すると、前職でシステム開発の仕事に携わっていたことや、
オーストラリアに2年間住んでいたことが考慮され、
採用が決まりました。

配属された部署は、日本のメーカの海外部門。
翻訳といっても、パソコン用のアプリに表示される日本語を、
海外用へ英語で表示さすという仕事でした。
英語というか、パソコン語に近いので、
文章的にはそんなに長くはありません。
まずは、多くの海外パソコンメーカの仕様書を
参考に日々勉強しました。
何が難しいかというと、やっぱり冠詞です。(><)
これは、aなのかtheなのか、両方いらないのか?
けっこう悩みました。

そんな中、海外のホステルで正社員で働く仕事が募集されてたので、
そこもダメ元で問い合わせをしてみました。
返事がくるのに2週間以上待っていたので、きらめていましたら、
返事がきました。(^^)
履歴書など、いろいろ送ってくださいと。
さっそくすべてを書き上げ送ってみました。

するとまさかの採用がきて、いつこれると?
え、派遣先に早く言わないとと、思っていると、
当時、リーマンショックがおこり、
僕が働いていた海外部門がつぶれました。
運が良いというか、まさかのタイミングでした。

そこでぼくは、採用先であるニュージーランドのホステルで働くことになり、
渡航することになりました。
しか~し、ニュージーランドに行ってまたいろいろおこりました。
その内容は、次回以降お伝えします。

旅は続く!             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ワーホリ終了 さようならAustralia

ワーホリ生活2年が終了しました。
ケアンズに移動し、日本で帰国をすることになりました。
今思えば、ほとんど農業の仕事をしていました。
車で、ほぼ一周近くしましたが、
心残りは、エアーズロックに行ってないことですね。(TOT)

今回のワーホリ体験から、海外で働きたいと思いが募り、
再度チャレンジしていきます。
そのかいあって、ニュージーランドに就職ができました。
その時の体験は、またブログにのせていきます。

旅は続く!             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

海外でスイカ割り バックパッカーにて


HomeHillで、すいかのピッキングの仕事をげっとし、
毎日スイカを持って帰らせてくれます。
英語ではスイカのことをwater melonといいます。
日本でも高価なスイカはあまり食べたことありませんが、
一般的に売られている日本の安いスイカと味はかわりません。
全体的に大きさは、オーストラリアのほうが大きく、
色は少し黒っぽい感じです。

そんな中、
同じバックパッカーズで友達になった、
日本人を中心にスイカ割りパーティーをしました。
目隠しをして、20回まわって、周りの指示に従って、
スイカに向かって歩いてわるという
ゲームをしました。

遊園地でも回転ものに弱い僕。
かなりふらふらして歩くのも一苦労でした。
残り少ないワーホリ生活。
有意義に楽しみたいと思います。

旅は続く!


            

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

なんじゃここは めっちゃ田舎 オーストラリアHome Hill

ゴールドコーストから、バスでホームヒルに行くことにしました。
ついてびっくり、本当に何もないんです。(><;)/

となりのAyrも何もない町でしたが、
半端ないくらい何もないです。
僕たちが泊まるバックパッカーズや、
小さなホテルとBar、
駄菓子屋よりも少し大きいくらいの商店しかありません。
まあ、残りワーホリ生活一か月、仕事するだけだからいいかあ。(><)
もし、車をもっていれば、隣のAyrまで数十分で着くのでいいですが、
車がなくて長期滞在されるかたはしんどいと思います。
Ayrも何もないですが、マクドナルドとケンタッキー、
大きなスーパーが一つあります。(でも日曜日は休みです)

仕事もすぐにGetし、最後のワーホリ、農業で終わることになりました。
オーストラリア生活、一年以上農業しました。(^^;)
バックパッカーズも、はなれに一つ平屋があり、
そこで住むことに。
4人部屋でキッチンもついていて快適です。
僕以外全員韓国人ですが、仲良く生活が始まりました。

旅は続く!             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ゴールドコーストで再会!

GC3

GC4

GC5


ワーホリで知り合った友人と、
2年ぶりにゴールドコーストで再会しました。
彼の家に泊まらせてもらい、
有名なタイ料理屋さんや、近くのビーチなどに観光に連れて行ってもらいました。

ここのタイレストランもかなりおいしいです。
英語圏の国は、伝統的なおいしい料理がありません。
僕の考えですが、海外、特に英語圏で飲食店に入りはずれが少ないのは、
タイ料理、韓国料理屋さんだと思います。
その次が、中華料理かな?
日本食は、どこに行ってもあまりおいしいところがないような気がします。
それは僕が日本人で、味にこえているのが原因ですかね?
ただ、けっこう外国の方が日本食をされているところが多いです。
これが寿司? ラーメンのスープが薄いなどよく思うことがあります。
日本食は海外でも人気があり、高く売れます。
フランス人の友人がよく、フランスでは若者がデートで、
日本食を食べに行くといってました。
でも、日本食は高いからねと。
日本でもフランス料理を食べに行くのは、高いのといっしょですね。

そんなこんなで、友人と別れ、韓国人の友人とラウンドを続けることに。
彼女にどこに行きたいかを聞くと、農業がしたいと。
ワーホリ、最後まで農業か(^^)
OKということで、以前にすんでいたAyrに問い合わせましたが、
バックパッカーがいっぱいでした。
たまたま、友人がAyrのとなりのHome Hillにいて、
あきがあるというので、行ってみることにしました。

ワーホリ生活残り約一か月楽しみたいと思いました。

旅は続く!



↓安心英語レッスン まずは体験から
ALL女性で運営するマンツーマン英会話。
            

        

スポンサードリンク

                                                    

一年ぶりのゴールドコースト 友人とは2年ぶり

GC1
GC2


タスマニアで知り合った韓国人の友人と、
ラウンドを始め、ゴールドコーストに到着しました。
メルボルン空港では、いろいろトラブルに合い、
冷や汗をかきました。(><;)

一年ぶりのゴールドコースト。
彼女も来たことがなく、サーファーズパラダイスに興奮していました。
以前は、毎日していた浜辺での散歩。
ゴールドコーストの海岸を朝、夕方散歩するのは、とても気持ちが良いです。
日本人も多いですが、何かあったときに、
日本語でも対処できると思うので、
英語に自信がない方も、ゴールドコーストはお勧めです。

で、2年ぶりに合う友人まさの家に泊めてもらうことになりました。
彼とは、一年目のワーホリで、ケアンズの語学学校で知り合いました。
でも、そこの学校は今は経営難からつぶれてしまいました。
ワーホリで知り合った人に多くの場所で会えるのは、とても楽しいです。

旅は続く!



            

        

スポンサードリンク

                                                    

複数のハプニング 爆弾もってません メルボルン空港にて

メルボルンから、ゴールドコーストに行くまでの珍事。
韓国の友人とメルボルンで会う約束をし、
僕がネットで2人分予約することになりました。

航空会社は、バージン航空
当時はバージンブルー航空という名でした。
オーストラリアの航空会社です。
僕が、ウェブで二人分予約することになりました。
最後のほうに、Yes, Noの質問があり、
適当にパーとよんで、Yesを連打でチェック。
最後 予約ボタンを押した一つ上をよく見ると、
英語で「爆弾など危険物を持っていますか?」
Yesをチェックしているし、予約終了。
(>OO<)/  げ~
間違えた。
てか、予約できたのか?
どうしても、戻ることもできず、
自分のメールに予約完了と。
予約できとるやないかーーー (><;)

そこで、友人に電話。
明後日空港行くけど、飛行機乗れへんかも(?O?)
友人「なんで?」
僕「爆弾持ってることになってもた」
友人「大丈夫だよ 気にするな」
僕「え、そうなんか?」

てことで、数日後、おそるおそるメルボルン空港に一緒に到着。
案の定、爆弾などもってるんだって?」 
って聞いてきた。(^OO^;)
僕「No, No, I made a mistake.」
航空会社のお姉さんは、にこにこ顔で「OK」
無事通過。
あの、Yes. No チェックはなんだったんだろうか?

て、思ったのもつかの間、
荷物チェックで、僕のリュックに何か入ってると言われた。
X線でよく見ると、はさみが (><;)
げーーー、これはBerriでオレンジの仕事をしていた時に、
最後にはさみをなくして、ボスに怒られたものだ。
僕は落としたと思っていましたが、リュックにはいってたんですね。
空港職員「はさみをだして」
僕「わからないです」
空港職員「だしなさい!」
僕「出したいんですが、どこにあるかわからないんです」
空港職員「はさみはもっていけないので、捨てます、だして」
僕「はい、あるのはわかってるんですが、どこにあるのかわからないんです」
(TOOT)/
友人と必死に探していると、
小さな隠れファスナーがありました。
そこから、はさみがでてきました。(^^)V
無事、はさみを捨て、飛行機にのることができました。
友人は、あきれていました。
もう、二度と起きませんように。
無事ゴールドコーストにつき、
友人がすんでいる家に向かうことができました。
今となっては笑い話ですが、
当時はかなりあせりました。

旅は続く!             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR