冠詞の難しさ

英語をまた一から勉強し始め、
まずは忘れた単語からと思いきや、
冠詞のことを思い出しました。
英語で一番難しいのは今でも冠詞だと思っています。

オーストラリアのワーホリから帰ってきて、
少し某メーカで、
パソコンアプリの開発の動作確認と、
画面上にでる日本語の翻訳の仕事をしたことがあります。
そのとき、aがいるのか、theがいるのか、
もしくは両方いらないのか、
とても迷いました。
おまけに僕が2年もオーストラリアにいたので、
上司は大丈夫でしょうと、これといった確認はなく、
その状態で輸出されました。
アプリなので、ちゃんとした英語というよりは、
パソコン上の書き方だったので、Windowsの翻訳を参考
にしながら作りました。 (><;)

はじめオーストラリアに行ったときは、Yes Noしかわからず、
マクドナルドやスタバも一人で注文できない始末でした。
そんな中、初めて泊まったバックパッカーで、
タクシーを呼ぼうと思い、もちろん自分で電話なんて
とんでもなく、フロントの人にタクシーを呼んでもらいました。

もってきた英会話の本には、Could you call me a taxi?と言うと、
書いていました。
ぼくは、その通り言ったつもりが、
Could you call me taxi?
と言ってました。
すると、フロントの人は、OK, Your name is taxi.
?? どういうことだ。
I need a taxi. というと、タクシーを呼んでもらえたんですが、
その次の日から、そいつがフロントの時、
僕を見かけると大声で、 Hey, Taxi.
と言って手を振ってくる。めっちゃはずかしい。

a をつけずに Could you call me taxi? というと、
どうかわたしをタクシーと呼んでくださいになる。
とても恥ずかしい思いをしました。

実際、今でも早口でしゃべられると、冠詞のaはほとんど聞き取れない。
aがつくかつかないかで、えらい意味がかわるんだと思いました。
まあ、だいたい意味は理解してくれると思うので、
その時は、ちょいからかわれたんだと思いますが、
みなさんも気を付けてください。             

        

スポンサードリンク

                                                    

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR