国際交流サークル-簡単気軽英語

海外に興味がある方、ぜひ情報交換お願いします

オーストラリアのワーキングホリデー税が2017年度から、
32%に導入されると、以前ブログで書きましたが、大幅に変更されるみたいです。

多くの労働者が減るとの批判で、税金が20%以下に修正されそうです。
また、ワーホリ申請時の値段も50ドルほど下がりそうです。
その他、出国税は少し上がるみたいです。
一番びっくりしたのは、AUSワーホリの年齢制限が、
18歳から30歳までという制約が、
30歳が35歳までになるみたいです。
まだ決定ではないみたいですが、ほぼ決まりそうです。

オーストラリアは、農業大国で、食料自給率が当時200%超えていました。
今もかわっていないと思います。
しかし、人口が少ないので、農業に従事する多くの人が、
ワーホリなどの外国人労働者です。
ぼくも一年以上農業しましたが、とても楽しかったです。
最低賃金が当時、1500円だったので、すごい貯金できました。
(今は円高でちょい安いです。それでも日本に比べたら高いです。)
トマト畑は、出来高制だったので、6時間で18000円ほど稼げました。

30歳過ぎて、ワーホリ行きたかったなあと思っていたなら、
後悔するなら、オーストラリア行ってみるべきだと思います。
とはいえ、仕事や家族のことがあると思いますが。
ぼくは、会社辞めていきました。(^^)
ワーホリは、絶対一年いないといけないわけではないので、
まず数週間、旅行感覚で行くのもよし。
少し生活してから気に入れば、長期滞在に変更するのもいいかもです。
英語が全くというかたも、フィリピンならマンツーマンで授業料受けれます。
それもオーストラリアとかと比べると格安の値段で受けれます。
↓友人がやってるエージェントのせておきます。
https://www.facebook.com/englishseekercebu

ほかの国もワーホリ50歳ぐらいまで増えたら面白そうですがね。
それなら、毎年どこか申請して働きにいきたいものです。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック