オーストラリアの危険動物 Part2

前回、オーストラリアの危険動物を紹介しましたが、
ほかにも遭遇した動物を紹介したいと思います。

オーストラリアの東側の町に、
Ayrという町があります。
タウンズビルという町から、
車で一時間のところにある小さな町です。
町の中心でも、スーパーと小さなボウリング場、映画館があるくらいです。

ぼくは、そこで農業で約6か月以上働きました。
10種類くらいの野菜、果物を経験しました。
いちばん長かったのは、メロンです。
とても畑は広く、
なんと、片道が1.5キロもあるんです。
一日約2往復しました。
ずっと、腰を曲げてメロンを拾っていくので、
腰が悪い人はお勧めしませんが。 (>O<)

そこで、オオカミに遭遇しました。
見た目は犬に似ています。
日本ではディンゴと言われています。
ボスが猟銃をもってきて追い払いました。
オーストラリアでは、基本的に銃は持てないので、安心してください。

ほかには、Ayrのバックパッカーで泊まっていると、
巨大なカブトムシが台所の蛍光灯に飛んできました。
しか~し、よく見ると巨大なゴキブリでした。
僕は、とてもゴキブリが嫌いなので、ぞっとしました。
後で調べると、オーストラリア北部にいるゴキブリが、
世界で一番大きいらしいですs

ほかにも、毒をもっているカエル、蛇など、
ほかの大陸にはいない生物、植物が生息しているので、
特に田舎に行かれる方は、
注意が必要だと思います。             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR