海外での農業体験(zucchini)

前回メロンの仕事についてお話ししましたが、
同じAyrの町で、そのほかにズッキーニ(zucchini)もやりました。
短期だったので、5日ぐらいしか働きませんでした。
時給制だったので、時給16ドルぐらいだったと思います。

日本では、ズッキーニを食卓で頻繁に食べることはないんじゃないかと思いますが、
海外では、きゅうりよりも需要があるような気がします。
でも見た目はきゅうりですが、種類で言うとウリ科のかぼちゃ属らしいです。
タイ、フランス、イタリア料理には、炒め物によく入っていますね。

驚くほど成長が速いです。
収穫時期になると一日でぐっと大きくなります。
なので、同じ畑を毎日収穫します。
ある程度とりつくしたら、日をづらして植えていた畑で、同じように収穫するという形です。
大きくなった物をとりそこねると、次の日にはへちまみたいに大きくなっていることがあります。
大きくなったものは、味がよくありません。

仕事ですが、
ズッキーニもメロン同様かがみながらナイフで切って収穫していきます。
しかし、ズッキーニの畑は朝露などで、土壌が水でびちょびちょです。
ぼくは長靴でやっていましたが、普通の靴でやっていた人で、水虫になった人がいました。
また、職場にもよると思いますが、ここの農家が厳しくて、
ズッキーニを運んでいて落とすとクビになる人が何人かいました。
農業するときは、長靴を用意しているのが無難です。

ズッキーニは、
炒め物にいれたら色合いもよいですし、
生でも、コチュジャンをつけて野菜スティックとして食べるとおいしいです。
日本でも買えると思うので、是非トライしてみてください。             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR