Ayrの町

前回まで農業のご紹介をしてきましたが、
農業で滞在が一番長かったAyrの町を紹介します。

ぼくが最初にここを訪れたのは、
農業をする目的ではありませんでした。
最初、Tullyという町に住んでいましが、
サイクロンで家、町を潰されました。
その時、赤十字の人に助けられ、お金も行く当てもないときに、
ボランティアの人がAyrに運んでくれました。

最初到着したときは、4月だったので、
ほとんど仕事がありませんでした。
仕事が多くある時期は5月中旬~11月ぐらいだと思います。
最初、家賃も払うことができなかった僕たちに、
バックパッカーの主人は、
お金はできてから払ってくれたらいいと言ってくれました。
とても感謝しています。

ここAyrの町はとても小さく、
農業の仕事以外はほとんど何もありません。
ですが、隠れたダイビングのスポットで、
時々ダイバーがこられます。
オーストラリアでダイビングといえば、
ケアンズから行くグレートバリアリーフ、
西海岸北部のエックスマウスが有名です。
ぼくは、両方でダイビングと、シュノーケリングをしました。
Ayrではやったことはありませんが、
隠れスポットで、多くの沈没船が沈んでいるようです。
ダイビングされる人は、是非訪れてみてはいかがでしょうか。             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR