国際交流サークル-簡単気軽英語

海外に興味がある方、ぜひ情報交換お願いします

僕が、初めてワーホリでついた町、ケアンズ。
もともとハワイにに行きたかったのですが、
アメリカはワーホリがなということで断念。
そこで、温かい気候でサーフィンができるのかなと思い、
ケアンズに決めました。

ケアンズは、関空から直行便で8時間ほどだったと思います。
オーストラリアの中では、とても近いです。
ケアンズは温暖で住みやすいです。
ですが、波はなくサーフィンはできなかったです。

ケアンズもゴールドコーストも、日本人に人気です。
町には、いっぱい日本語があふれています。
英語が苦手だという人は、
まず、ケアンズ、ゴールドコーストインから入られると良いかもしれません。
ゴールドコーストは、町の中心でもサーフィンができます。
サーフィンやるかたは、ゴールドコーストにいかれると良いです。

ぼくは、はじめ全く英語ができなかったので、
エージェントを通して、何から何までしてもらいました。
ですが、実際にいってみると、町には無料のエージェントがあふれていて、
必要なかったと思います。
ですが、はじめ海外に出る決断ができないと思いました。
その点では、エージェントを通してだと期日が決まるので、自分的にはよかったと思います。

ケアンズに着いてすぐ、同じエージェントの二人と合流しました。
彼らは東京からきていました。
そのうちの一人はなんと、同じ歳で誕生日も同じでした。
その後別れましたが、何かの縁があって、一年目のワーホリ終了は、
彼とバリ島によって日本に帰ることになりました。
また、タリーという町で同じ日にサイクロンに合い、
もう少しで同じ日に死ぬところでした。

ワーホリでは、他国の友人もできますが、
日本人においても、普段生活していたらかかわりができないような、
幅の広い年齢、多種の職業の人と知り合いになれるので、
すごい経験ができます。
ぼくも最初は、26歳で仕事を辞めてどうしようかと悩んでいましたが、
それ以上に得るものは大きいです。
実際、日本に帰国してから、仕事の幅も広がりました。
悩んでいるかたがおられたら、是非一歩踏み出してみてほしいと思います。
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック