ケアンズでの生活 Part4(homestay)

ぼくは、5週間という期間でしたが、ケアンズでホームステイをしました。
いろいろ希望をだせるので、
「子供がいるアットホームな家族希望」とだしました。

僕の希望どうりの家族にあたりました。
2歳の女の子、1歳の男の子がいました。
さらにお母さんは、もう一人お腹に赤ちゃんがいました。
全く英語が喋れない僕にとって、
子供たちと一緒に言葉を学べて、すごい勉強になりました。

Cairns1.jpg


お父さんは、ダイビングショップを経営されていました。
そんな中でも、僕の行った家庭は、お父さんが毎日料理をしていました。
お皿もいつも夫婦で洗っていました。
子供とも遊ぶ時間を大切にし、よく遊んでいました。
日本の家庭と比べて、お互いが助け合っているなあと関心しました。

僕は、一年目のワーホリが終わった後、
2年後に再度会いに行きました。
また、温かく迎えてもらえました。
前回は、子供が2人だったのに、
もう2人子供が増えていました。

あれから会っていないのですが、
機会があれば、オーストラリアに行ってまた会いたいです。
子供たちは大きくなっているんでしょうね。

ホームステイは、お金もかかることですので、
なかなかできないという人もいると思います。
しかし、中には家事などの手伝いなど、
exchangeされている家庭もあります。
ホームステイは、国際交流するには最高です。
一度は経験されてみてはどうでしょうか。

それか、ぼくはいつかやってみたいと思っているんですが、
日本でホームステイのホストファミリーとなって、
海外の人を受け入れるのも面白いと思います。             

        

スポンサードリンク

                                                    

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR