Tullyでの生活 Part1(banana)

僕は、ケアンズで3か月語学学校に行ってから、
ほかの町で仕事をしようと思っていました。

そんな中、
オーストラリアに入国したときに知り合った友達(Naru)に誘われて、
Tullyに向かいました。
ぼくは、語学学校に3か月間通いましたが、
Nuruは他の学校で2週間だけ行ったようです。
そのあと、Tullyで働いていました。
そして、ケアンズに戻ってきたら、
またTullyに帰って働きたくなり、僕を誘ってきました。

Tullyは、ケアンズからバスで3時間かからなかったと思います。
バス停に蛙のartがあったことを覚えています。
Tullyといえば、バナナの仕事がほとんどです。
ですが、僕だけなぜかライムでした。(笑)
ボスが電ノコで切ったライムの木の枝を運ぶ仕事でした。
バナナは最後の日に時間が余ったので、2時間ほどやっただけでした。

初めてバナナの木を見たときは、段ボール?って思いました。
見た目が段ボールの素材にそっくりです。
ぼくは、stringingと言って、バナナの木どうしを結ぶ仕事でした。
なぜ木を結ぶかと言うと、バナナは大きいものでは、80キロはあります。
実の重さに耐えられなくなり、倒れるので、
お互いを結んで突っ張ることで、木が倒れないようにしています。
日本のスーパーで房で売っているものは、グローブほどですが、
実際のバナナは、あれが何重もらせんになって、
ハチの巣のようになっています。

僕は収穫しているのを見れなかったのですが、
バナナの実を斧などでカットし、下に籠を背負った人が落ちてくるバナナを待ち構えています。
先ほどお伝えしてとおり、バナナは非常に重いので、
基本的にアジア人や体の小さい人は任されません。
ほとんどのアジア人がstringingやcuttingになります。

ここのバナナの仕事は、
バス停近くにキャラバンパークがあり、
仕事がしたいと伝えると、
登録され、順番に仕事が与えられます。
基本、キャンピングカーの中は2人で住みます。
一拍あたりの値段は忘れましたが、それほど広くないスペースでした。
ですが、車の中に電気も通っていて、ベットもあります。
ですが、シャワー、トイレの設備は外にあり、みんなで使用します。

Naruのように、都会での仕事が合わない人は、
農業の仕事がお勧めです。
僕もどちらかというと、オーストラリアでは、
農業の仕事が一番楽しかったです。
            

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR