Ayrでの生活 Part5(backpackers)

Ayrでの生活ですが、
基本backpacckersを利用すると思います。
僕が、住んでいたDelta backpackersはバス停から徒歩すぐです。
あと、仕事も豊富なので、ワーホリで農業する人には最適だと思います。
繁盛記になると、宿が満室になると思うので、事前に問い合わせしたほうがよいです。
また、Delta backpackersは、個室が少ししかなく、
一番小さい部屋でも2人部屋になります。
2段ベットです。
一人で借りることもできますが、料金はそれだけ高くなります。
その他、4人部屋、一番大きいものでは、16人部屋があります。
人数が多くなると、値段も安くなります。
物音など気にならない人は、大人数部屋でいいと思います。
ぼくは、16人部屋に3か月はいました。
ぼくがいたときは、アジア人以外はとても暑がりの人がいました。
部屋にクーラーもあり、23度で設定していると、
朝寒さで起きました。
朝確認すると、毎日誰かが一番低い16度に変更されていました。
外人は暑がりの人が多いようでした。(><)/

その他、Ayrの町にはAyr backpackersもあります。
あと、前回紹介したウールワースというスーパーマーケットから少しいけば、
キャラバンパークがあります。
Tullyで過ごしたキャンピングカーのようなものよりも、
かなり綺麗で生活できます。
ですが、宿泊料金が高かったです。
こちらはかなり人気があるので、予約するか早めにいかれることをお勧めします。
どちらも仕事をあっせんしているので、
滞在されるかたは、reseptionに問い合わせてしてから行ってみてください。

僕の友達で今もオーストラリアで生活している人が多数いるので、
いろいろ情報入れば、発信していこうと思います。             

        

スポンサードリンク

                                                    

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR