ブルームで、おもしろい日本人との出会い

Broomでホテルと、タイレストランで働きました。
宿は、Broomにある、きれいなバックパッカーで、
約一か月過ごすことになりました。
部屋は4人部屋で、ドイツ人2人と、
南アフリカ人一人と同じでした。
すぐに仲良くなり、よく遊びました。

ここのバックパッカーは、本当に綺麗です。
バーや、大きな湾曲したプールもありました。

そんなバックパッカー生活で、面白いことがありました。
夜中、ここのバックパッカーの大きなキッチンは、、
夜中に閉まります。
夜、トイレに行こうとすると、キッチン入口で暴れている人がいました。
大きな声で、ヘルプーって叫んでました。
よく見ると、どうみても日本人でした。

僕:[日本人ですか? どうしたんですか?」
彼:「いえ、閉じ込められましてん」
おーそれも関西弁や!
僕:「どっからきたん?」
彼:「Osakaです」
僕:「へー」
彼:「いやいや、早く助けてください」

ということで、助けを求めようとしたら、
たまたま、バッパーのおじさんがでてきました。
おじさん:「What are you doing?」
彼「This door is closed.」
おじさん「You can open the door.」
といいながら、おじさんは、ドアをスライドしてあけてくれました。
彼は、ドアを押したり、引いたりしていましたが、
このドアは、横に動かすドアでした。
えー、空いてるやん(><;)

ということで、命の恩人として、すぐに友達になりました。
彼は、日本で宝石の仕事をしていたらしく、
Broomにきたようです。
Broomの街は、真珠の養殖が盛んな街で、
バックパッカーの多くの人が、真珠の養殖所で働いていました。
ぼくの部屋のドイツ人の友人も一人働いていました。
そんなこんなで、彼とも約一か月遊び、その後、一年後に、大阪で再会しました。
彼は、芸人のような面白い人でした。

Broom






            

        

スポンサードリンク

                                                    

コメントの投稿

非公開コメント

Welcome
プロフィール

たこ

Author:たこ
ども 管理人のたこです。

これから海外へ行かれるかた、
日本で他国の人と交流したいかた、
情報交換しましょう。

きっかけは、
ワーキングホリデーを利用し、
オーストラリアで2年過ごしたことでした。
はじめは、全く英語ができませんでしたが、
話したい一心で、英語を勉強しました。
その後、ニュージーランドのホテルに
就職できましたが、NZで大地震が起き、
家や勤務先が壊され、永住権どころか、
ビジネスビザもおりなくなりました。

しかし、また海外で働きたいと
思っています。
日本にいる間も、多くの人と、
英語でコミュニケーションとりたいと思っています。
過去の経験から、ワーホリ事情、海外への就職体験なども、
紹介していきます。

是非情報交換しましょう。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

安心英語レッスン まずは体験から
人気ブログランキング
応援よろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ
旅のお供に!
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR